星野リゾート ウトコ オーベルジュ&スパ

スポンサーリンク
Pocket

 

世界ジオパークに認定された室戸岬を眺められ、全室オーシャンビューのオーベルジュです。自慢の料理は、高知の名産カツオの旨みを存分に引き出した絶品の料理です。

高知を代表する魚と言えば、誰もが思い浮かべるのは、「鰹」ではないでしょうか。

太平洋を春には北上・秋には南下しながら、回遊する鰹ですが、「初鰹」や「戻り鰹」と呼ばれるように、1年の中でも、季節によりその美味しさが変化します。

鰹の旬に合わせ、鰹の身はもちろん、普段はなかなか口にする機会が少ない部位も使った、コース料理は絶品です。

スポンサーリンク

また、高知のおもてなしの食文化「皿鉢(さわち)料理」を連想させる華やかな盛り付けが、料理を目でも楽しませてくれます。

高知は柚子の生産量が日本一の“柚子処”。南国土佐の太陽をたくさん浴びて実った柚子は香り高く、果汁もたっぷりです。

生地に柚子を練り込んだ焼きたてワッフル、柚子の果汁スプレードレッシングで仕立てるサラダ、柚子のソースを添えた海の幸ソーセージと卵料理など柚子をふんだんに使用した朝食は、海を眺めるオーベルジュで迎える朝にぴったりの一皿です。

柚子の香りに合わせて豆をブレンドして淹れた珈琲もおすすめ。晴れた日の朝はレストラン前のバレーナテラスで、いただくこともできるそうです。

実は室戸岬は、日本の仏教界に大きな功績を残した弘法大師・空海の原点とも言うべき場所。御厨人窟(みくろど)という洞窟で修行中、空に輝く明星が空海の口に飛び込み、そのときにはじめて悟りを開いた開眼説が伝えられています。

ウトコでは、精進料理の基本である五味(甘・酢・塩・辛・苦)、五色(青・赤・黄・白・黒)を表現した料理です。

見た目に美しく、栄養バランスにも優れたオリジナルの献立は、新たな気持ちで迎える1日のはじまりにぴったりです。

ウトコは全室オーシャンビュー&ビューバス付き。細部までこだわってつくられたお部屋で、のんびりとおくつろぎげます。

目に飛び込むのは、空海が見た景色と同じ「空」と「海」だけ・・・・。 ソファでコーヒーを飲みながら、バスタブにつかりながら、ベッドに横になったまま・・・・。

若き日の空海のように、日常を離れ、自分を見つめるひとときを贅沢にお過ごせます。早朝には、水平線から昇る朝日を独り占め最高の至福の時が・・・・。

スポンサーリンク