野湯・秘湯・露天風呂

Pocket

 

野湯・秘と言えども地元の方が整備してくれていて、風呂桶などはいくつか置いてくれているところもありますが、もちろん何もないところが殆どです。

青森県の秘境温泉!ランプの宿 青荷温泉
燕温泉 「黄金の湯」(新潟県)
栃尾温泉 「荒神の湯」(岐阜県)
切明温泉 「川原の温泉」(長野県)
草津温泉 「白旗の湯」(群馬県)
木津温泉 「洗濯場の湯」(京都府)
川湯温泉 「仙人風呂」(和歌山県)
乗鞍高原温泉 「せせらぎの湯」(長野県)
新穂高温泉 「新穂高の湯」(岐阜県)
椴法華 水無海浜温泉(北海道)
奥津温泉 「洗濯場と露天風呂」(岡山県)
尻焼温泉 「河原野天風呂」(群馬県)
堂ヶ島温泉 沢田公園露天風呂 (静岡県)
福渡温泉「岩の湯」(栃木県)
赤井浜露天風呂(静岡県)
琴引浜温泉 「露天風呂」(京都府)

伝統の証明!  全国の魅力的な混浴温泉とその楽しみ方

Pocket

 

ちょっとウンチク 野湯・秘湯・混浴露天風呂

 

実際は混浴に入るのをためらって、女性専用風呂へと向かう若い女性は少なくない。そこで、温泉文化のひとつである混浴を楽しむために知っておくべきこととその魅力を紹介します。

混浴は新設できない

「混浴の魅力」とはなんだろう?。「自然との一体感」や「土地の人とのコミュニケーション」を挙げる人は多いのですが、男も女も老いも若きも一緒に同じ湯船に入る混浴は、抵抗がある人もあるのではないでしょうか?

温泉地が湯治場として機能していた時代は、老夫婦がもう一方を介護するのに混浴は当たり前だったそうである。

今でも歴史ある温泉地では混浴風呂が残っている。「旅館業法」(昭和23年(1948)施行)では原則として浴室は男女別に設けることが義務づけられており、混浴が認められるのは例外なのです。

山奥の不便な場所にあるなど土地の状況によってやむを得ない場合は特例扱いとなる。「保健所の立ち入り検査では、”混浴”というだけで減点される」屈辱的な現実もある。

全国には「旅館業法」が定められた昭和23年よりも前から、歴史ある混浴風呂を守り続けている宿は少なくないが、混浴風呂はいったんやめてしまえば再度つくることはできない。希少価値の高い風呂文化なのです。

最近では、日本の温泉文化が崩壊しつつある、管理されていない露天風呂ではマナーをわきまえない人たちが現れ始め、混浴露天に異変が起きている。

2015年6月、入浴客による不適切な行為やビデオ撮影などにより栃木県・塩原温泉で混浴露天風呂「不動の湯」がいったん閉鎖されたニュースはその代表かもしれない。

全国の公共露天風呂では、夜間閉鎖や有人化、湯あみ着の着用義務などの措置をとるところが多くなっている。

閉鎖された「不動の湯」は11月に管理人を配置し、300円の利用料(閉鎖前は200円)で土日祝日のみ再開した。

現在は冬季のため再度休業中で、塩原で入れる混浴風呂は「もみじの湯」のみとなっている。

入りやすい混浴と入りにくい混浴

観光客にとっては初めての場所であっても、地元の人にとっては生活の場なのです。「郷に入れば郷に従え」である。

基本的には、生活の場にお邪魔するわけだから、「もらい湯」の精神で、地元のルールや風習に従った行動することが大事と考える。

入浴客のマナーに目を光らせる地元の方がいる。不審な動きをしようものなら、すぐさま注意される。共同湯の管理人のような人たちがいると、マナー悪化の抑止力となる。

湯の色が無色透明の場合はやはり入りにくいが、最近増えたのが「湯あみ着OK」のところと「女性専用時間」。実際、女性客が入りやすいよう配慮する宿は増えている。

 

バンテック JB490について

Pocket

2200ccディーゼルのタウンエーストラックがベースです。この車輛はNoxPM排ガス規制対象車ですので首都圏等特定地域での登録は出来ません。

キャンピングカーの購入を考え私でも所有&維持ができるかネット検索して気になった記事を、参考に書いていきます。購入は低年式のバンテック JB490です。17年の昔の車種です。

“バンテック JB490について” の続きを読む

キャンピングカーの電源設備について

Pocket

 

冷蔵庫は出かける前に外部充電をしているうちから冷やしておく、電子レンジなど大きな電気を必要とするものはエンジンをかけながら使う、天気の良い日は充電できるようにソーラーなどを追加するなどなどキャンピングカーもこの限られた電気を外部充電・走行充電上手く利用して節約しながら使っていくかが重要になってきます。

“キャンピングカーの電源設備について” の続きを読む

キャンピングカーに「シャワー」必要かどうか?

Pocket

 

キャンピングカーにあると便利だと思う装備品にシャワー設備があります。確かにどこででも汗を流せる設備は有り難いものですが、本当に必要か?

“キャンピングカーに「シャワー」必要かどうか?” の続きを読む

中古キャンピングカーを買うためのポイント

Pocket

中古キャンピングカーを買うための業者選び

中古のキャンピングカーは、「キャンピングカーも扱っている中古車業者」と、「キャンピングカー専門の販売業者」どちらかで買うことができますが、買うのであれば絶対に「キャンピングカー専門の販売業者」を選ぶべき。

“中古キャンピングカーを買うためのポイント” の続きを読む

小型タイプのキャブコン JB470

Pocket

バンテックでは1992年よりキャブコン製作を始め、そこで作られた小型タイプのキャブコンがJB470だ。その外観デザインはヨットに由来すると云われています。

“小型タイプのキャブコン JB470” の続きを読む

キャンピングカーに「トイレ」は必要かどうか?

Pocket

キャンピングカー購入時に「トイレ」について必要かどうか悩みませんか?日本全国にコンビニで買い物ついでにトイレを利用できますし、道の駅にも24時間利用できるトイレがあるので、車内にトイレがなくてもいいと考えますが、キャンピングカー歴が長い人のなかにはトイレ装備は必需品だという人もいます。そんなトイレですが、まずはどんな種類があるのか調べてみました。

“キャンピングカーに「トイレ」は必要かどうか?” の続きを読む

青森県の秘境温泉!ランプの宿 青荷温泉

Pocket

 

青森県黒石市にある「ランプの宿 青荷温泉」は喧騒とした日常から抜け出して静かな場所で自分を見つめ直したい。

何も考えずにボーっとしたい。非日常を味わいたい。そんな方にオススメの宿です。昭和4年に開湯された青森県のにある秘境の温泉施設です。

“青森県の秘境温泉!ランプの宿 青荷温泉” の続きを読む

バンテック JB470 の4D56エンジンについて

Pocket

mixiみんなの日記でエンジントラブル体験談JB470’98の記事でかなり詳しく書かれてますので引用させていただきました。2016年の記事ですのでキャンピングカーは20年目ですかね。走行距離については不明でした。

“バンテック JB470 の4D56エンジンについて” の続きを読む

バンテック JB470について

Pocket

 

2500ccディーゼルターボのデリカトラックがベースですので小回りも良くきびきびと走KC-P25T改ります!この車輛はNoxPM排ガス規制対象車ですので首都圏等特定地域での登録は出来ません。

キャンピングカーの購入を考え私でも所有&維持ができるかネット検索して気になった記事を、参考に書いていきます。購入は低年式のバンテック JB470です。理由はお察しの通りです。現在は、部品調達も難しい車種とお聞きしてますが‥‥‥。20年以上の昔の車種ですから‥‥‥‥。

“バンテック JB470について” の続きを読む

バンテック JB470 20L真水タンク⇒10L真水タンクへ取替え

Pocket

 

JB470’のギャレーには20L飲料水タンクが装備されています。
水中ポンプや ホースがヌメヌメしているのを発見!20L飲料水タンクの水は拭き掃除などの生活用水として使えますが、JB470には左舷中央下部に40L真水タンクを 装備していますので、20L飲料水タンクは無用の長物と化しています。(衛生上の理由ですが‥)

“バンテック JB470 20L真水タンク⇒10L真水タンクへ取替え” の続きを読む

バンテック JB470 サブバッテリー交換

Pocket

 

JB470の基本設計ではサブバッテリを複数台搭載することは念頭無く、左舷後部貨物庫の底に1台分だけの装備ボックスがあります。

低年式のキャンピングカーですので、近年のキャンピングカーのようにサブバッテリー駆動のエアコンを積むなどのオール家電は想定外だったのでしょう。(mixiみんなの日記サイトより

“バンテック JB470 サブバッテリー交換” の続きを読む

DIY スパウトの改良

Pocket

ネットで見つけたmixiみんなの日記のサイトで見つけた便利器具を紹介します。
耐軽油性については詳しいデーターがありませんが、時たま短時間の給油だけにしか使用しないので、先ず問題は無いと思われますが、使用前点検に心掛けるとします。

“DIY スパウトの改良” の続きを読む

キャンピングカーの諸費用について

Pocket

 

車両本体価格は安かったけども見積もりをとったら予算超過などということが無いようにしたいですね。

“キャンピングカーの諸費用について” の続きを読む

キャンピングカー日本一周 考えてみた。

Pocket

 

日本一周には、どのくらいの時間と手間がかかるのでしょうか?

日本国は本州を中心に、北海道、本州、九州、四国、沖縄と海を隔てた国土を有し、さらに小さな島々も点在しています。日本の国土は約37万8000平方kmの広さがあります。

“キャンピングカー日本一周 考えてみた。” の続きを読む

ATミッションのチェック

Pocket

 

中古キャンピングカーでAT(いわゆるオートマ)車両が入庫することがよくあります。さすがにキャンピングカーは、レジャー用の車だけあってAT率は比較的高いです。

“ATミッションのチェック” の続きを読む

タイヤのチェック

Pocket

 

中古キャンピングカーのタイヤのチェックポイントですが、重量のあるキャンピングカーは、タイヤにはことさら気を使いますね。

“タイヤのチェック” の続きを読む

室内家具のチェック

Pocket

 

室内家具のチェックポイントとしては、一般的に傷とか破損とかを気にしますが、基本的に大きく破損していなければ、傷などは使用しているうちに付くものですし、汚れについても同じことが言えると思います。

“室内家具のチェック” の続きを読む

ルーフエア コンのチェック

Pocket

 

ルーフエアコンとは名ばかりで、冷房は付いているのですが、暖房は付いていなかったり、作動音が大きい、要求電圧が115Vであったりと、あまり日本国内では重宝する装備ではないからです。

“ルーフエア コンのチェック” の続きを読む