誰もが憧れる! 砂浜での海キャンプ

スポンサーリンク
Pocket

 

砂浜での海キャンプは、誰もが憧れるキャンプスタイルなのではないでしょうか?

 

海キャンプは、海水浴、磯遊び、釣りなど海遊びには事欠かきません。海好きにはたまらないキャンプですが、特に、夏の海水浴シーズンともなれば海の砂浜でのキャンプを楽しみたい人は多いと思います。

しかしながら、砂浜での海キャンプには整備されたオートキャンプ場のようには行きません。特に夏の砂浜での海キャンプは、キャンパーにとって過酷で難易度の高いキャンプと言っても過言ではないようです。

 

逆に、ある一定の条件下での天候と海キャンプへの十分な準備があれば海キャンプは、自然の醍醐味を充分に感じることができるキャンプでもあります。

砂浜の上にテントやタープを張るには・・・・。

砂浜キャンプを考えてみたいと思います。砂浜での海キャンプで、注意する点はどのような事があるのか上げてみました。季節や天候によって注意することは違うと思いますが、考える事は共通ではないかと・・・・。

①砂浜では通常のペグが使えない

海キャンプで一番に思いつくのは、「ペグ」の事。とくに夏の砂浜キャンプ三大課題は、「ペグ対策」「暑さ対策」そして「風対策」だと思います。

「ペグ対策」は季節を問わず必須の注意事項。砂浜では基本、通常のペグは無力です。砂浜専用のサンドペグを使うなど数々の手法が有りますが、確実なのは砂袋(土のう袋)を利用することが基本ではないでしょうか。

もちろん砂袋(土のう袋)は、レジ袋で代用することもできます。砂袋(土のう袋)は、ホームセンターで1枚数十円で販売されていて簡単に購入でき安価に確実に砂浜で利用できる事です。

他にも普通のプラペグや幅の広いペグまたは落ちている小枝や流木を二本使い十字に交差に組み、それを砂の中に埋めてサンドペグの代わりに使う方法もありますが、効果はあまり期待できないです。

重要なことは、砂浜での海キャンプには、スコップと多めのロープを用意すること。砂袋やレジ袋に砂を入れる際に、スコップは必須になります。

スポンサーリンク

②突風に注意が必要。海側、山側からどちらからでも吹いてくる。

 

海岸の天候は変わりやすい。晴れていたかと思うと突然雲が出てきて強い風が吹きはじめ、大雨になることもあります。海の天候の判断は、山よりもさらに厳しく判断したいです。

台風や発達した低気圧などがもたらす悪天候は、暴風雨、海面の上昇、高潮や高波など危険となることがあるので天候の変化は適時確認して欲しいところです。

当然と言えば当然なのだが、砂浜では「潮の干満・満潮」の時間や状態を常に把握することが大事です。潮見表などで事前にキャンプ日の潮の状態を把握しておきたいです。

海岸に、運ばれてきた流木や海藻が満潮ラインのひとつの目印になります。

海藻が横一線に並んだ所が満潮ライン、それよりさらに上がったところに流木が横一線に並んだ所が大潮の満潮ライン、さらに上がったところに大きな流木が転がっている所が高波ラインの目安と言われています。

天気のいい日は、満潮ラインより上にテントを設営し雨の日や、風の強い日は、高波ラインより上にテントを設営すると言われていますが、高波ラインよりさらに上の安全な場所にテントを張る必要があります。

③夏の海キャンプは、暑さとの戦い。

夏の海岸での海キャンプは、暑さとの戦いで過酷なキャンプだ!猛暑日の海辺は、暑く昼間は逃げようがありません。

夏のテント内(昼間)は大変暑くサウナ状態になります。夜になっても気温が下がりづらくどうにもならなりません。

昼間に蓄積した熱が、寝ている地面からジワジワと湧き出てきます。クーラーボックスの氷も普段より早めに解けてしまいます。こまめに日陰をみつけて、クーラーボックスを移動することも必要ですね。

暑さ対策も兼ねて、テント設営を朝夕にする手もありますが、思うほど効果は期待できないです。寝苦しい夜になります。このように夜風が吹き熱帯夜にならない天候を見定めるのも暑さ対策でしょうか・・・・。

暑さ対策は、日陰に入り体を休ませる以外に手段が見当たりません。クラーがないと寝れないような体質の人は、残念ながら夏の海キャンプは断念した方が・・・・。

小さな子どもとの砂浜の海キャンプは、暑さ対策があまり必要ない春や秋が良いのでは・・・・。

④夏の海キャンプには、熱中症対策に気を配る。

炎天下での設営作業などは、熱中症にならないよう充分な水分補給や休憩を取りながら時間をかけてやることが大切です。

 

www.netsuzero.jp

⑤砂浜(海岸)での天候や環境の変化・潮の流れに気をつける。

海岸の天候は変わりやすいです。晴れていたかと思うと突然雲が出てきて強い風が吹きはじめ、大雨になることも多々あります。

海の天候の判断は、山よりもさらに厳しく判断したい。台風や発達した低気圧などがもたらす悪天候は、暴風雨、海面の上昇、高潮や高波など危険となることが有ります。天候の変化は適時確認して欲しいです。

当然と言えば当然なのだが、砂浜では「潮の干満・満潮」の時間や状態を常に把握することも大切です。

スポンサーリンク