これだけは揃えたい ! キャンプ基本道具

スポンサーリンク
Pocket

 

ファミリーでのキャンプ、カップルでのキャンプにソロキャンプ・・・人数によって持ち物は変わってきます。用途に合わせての道具の使い分けポイントを知ることで準備に頭を悩ませることもなくなるでしょう

あなたが一緒に行く人数によって、キャンプ用品の選び方は変わります。

キャンプ持ち物チェックリスト

チエック

物品

個数 備考 返却 チエック

物品

個数 備考 返却
テント まな板
タープテント 包丁
テントマット 飯ごう
スクリーンテント 鍋(キャンプクッカー)
しゃもじ
ランタン 返しべら
懐中電灯 さい箸
ランタンスタンド おたま
ツーバーナー フライパン
ワンバーナー 栓抜き、缶切り、ワイン抜き
バーベキューコンロ 皮むき器
鉄板又は網 やかん
ざる
テーブル おけ
イス
食器セット
水タンク
クーラーボックス スプーン
布巾
シュラフ(寝袋) カップ
簡易ベット ナイフ・フォーク
燃料 ガスカートリッジ 洗剤
燃料 ホワイトガソリン スポンジタワシ
燃料 炭 亀の子タワシ
燃料 薪 スチールタワシ
炭ばさみ
アルミホイル
ビーチパラソル ラップ
ポンプ
ナタ、オノ
くすり箱 ハンマー
  絆創膏、包帯 ロープ
  消毒液、きず薬 軍手
ナイフ
蚊取り線香 スコップ
防虫スプレー
殺虫剤 洗面用具
乾し網 スペアーキー
ティシュペーパー ポリ袋(大)ゴミ用
トイレットペーパー ポリ袋(小)
キッチンペーパー
新聞紙 カメラ
電池
無線機 携帯電話
ラジオ

テント

現在、ファミリーキャンプで使われるテントを大きく分けると、ドーム型とロッジ型に分けられます。ドーム型が主流のようです。

スポンサーリンク

➀前室(雨の当たらないひさし部分)があるテントのほうが靴を置いたりできるので便利です。

➁あまり複雑なテントを選ばない方が良いでしょう。設営、撤収が大変です。キャンプに行く前に一度、組み立て練習したいですね。

③宿泊するキャンプでは、寝起きするメインテント1つあればいいのですが、雨降りの時などは、炊事をしたり、くつろいだりする、リビング用に使うタープテント、スクリーンテント等があれば楽です。

ファミリーキャンプで使うテントは、家族の人数が少なくても大きめのものを選びたいですね。

調理器具

ワンバーナー(シングルバーナー)でも十分ですが、本格的な調理をするならば鍋が安定しておけるツーバーナ式がいいです。

ガスかガソリンかという点は一長一短、また好みもあり一概にいえませんが、ランタンと燃料は統一して置きたいです。

ガス式ならガスカートリッジの関係からメーカーも統一しておきたいところです。ガソリン式のツーバーナー及びランタンは、アメリカのコールマン社の製品が多く見かけます。(ホワイトガソリン仕様です。自動車用のガソリンは不可ですよ)

照明器具

これがなければ夜は真っ暗ですね。ガス式、ガソリン式、電池式等があります。テントサイト、食卓、テント内と3つ程欲しいですね。

やはり明るいにこしたことはないと思います。ガソリン式、ガス式とも光量調整ができるから必要に応じて調節したらいいだけです。ガス式ランタンはガスコンロとのガスカートリッジの共用を考えましょう。

明るいランタンを遠くに置き、光量を落としたランタンを人のいるテーブルに置くと虫は明るい方に集まるといわれますが、実際はそんなにうまくいきません。LEDランプは虫が来ないとも聞きますが・・・・。

またテーブルにのせて置いたランタンがうっかりミスで倒れたり下に落ちたりしますから小さい子供さんのいるキャンプでは要注意です。

ランタンが倒れ、火が吹き出している姿を想像しただけでも恐ろしい光景です。ランタンは木に吊すか、ランタンスタンドに吊して使うのが、オススメです。

当たり前の事ですが テント内ではガス、ガソリン式のランタンは使用厳禁ですよwwww。

シュラフ(寝袋)

型として2つの種類に分けられます。

封筒型:

封筒のような形をしている。ファスナーを開け、全開すれば布団のよになります。

ファミリーキャンプなどでは数個の封筒型を、敷き布団、上かけ布団に使とゆうのもありですかね。夏場は中に潜り込む使い方は暑くて出来ない。

マミー型:

ミイラの形をしています。みの虫のような袋状になっており中に潜り込む。コンパクトに収納出来るのが特徴です。山岳での使用はこの型が多いです。

 

 

キャンプ道具は収納、携帯性を重要視して開発されています。まずは my道具を揃えてみましょう。道具を探すのも、道具を買うのもキャンプの楽しみでもあります。

アマゾン通販サイト

スポンサーリンク