どうする! キャンプの時に雨が降ってきたら・・・

スポンサーリンク
Pocket

 

雨が降る事を想定して備えておきべき装備と雨の時のキャンプの楽しみ方を紹介します!

雨具(カッパ類)

キャンプ用品や収納ケースは濡れても大丈夫な素材を選ぶ。でもやっぱり活躍するのは、大きめのゴミ袋。100均のカッパから一流メーカーのものどちらでも構いません。

行くキャンプスタイルに合わせて買うべきです。年に何回もキャンプをするようでしたら良い物を買いましょう。この手の製品は使用感かなり変わります。

雨に濡れても大丈夫な材質の機材

商品の材料によって、錆びやすいものとそうでないものがありますよね。

ステンレスは錆びにくい、チタンは錆びません。一方アルミ合金製のものは錆びてしまいます。購入する際に検討しましょう!!

雨用の袋

雨降った時などに濡れた物を入れたり、雨が降りそうな時に濡れたくない物をしまっておくためのアイテムもあります。45Lのゴミ袋に収納して、後で乾かす。もちろんゴミ袋は再利用できます。

スポンサーリンク

キャンプ雨の時の楽しみ方!

ファミリーならテントの中にこもってトランプなどのカードゲームをやる、パソコン持ち込んで映画を観るのもありだと思います。

キャンプ場というのはそれだけで非日常的な空間ですが、キャンプ場は楽しむための場所であって、キャンプは楽しむための手段です。

キャンプすることを「目的」と捉えるのではなく、「キャンプ場で楽しむこと」を目的とするキャンプスタイルもありですよね。(ルールは守りましょう)

日本の気候は3日に1回雨が降ると言われるほど雨の多い天気です。それならばそれを楽しんだ方が良いでしょう!!

雨が降る前の対策として幾つか出来ることがあります。

道具を地面に直置きせず、足つきのラックなどに載せること。こうすることにより、雨の中でも道具を汚さずに済みます。

タープやテントの前室上に雨が溜まってやばいので、それの解消方法について。

この雨がタープの上に溜まっちゃう対策として有効なのが、一箇所ロープを引っ張って、タープに傾斜を付けてあげるのが有効です。

雨が落ちるときこのロープに沿うようにして雨が落ちていくので、落ちた雨が周りを濡らしにくくもなります。

 雨が降ってから出来る対応

テントのロープやタープのロープは設営のときにピシッとやったら後はOK!!となりがちですが、雨の時は少し注意が必要です。

雨水がタープやテントに当たり重量が増えて自在が緩んでしまうか、そもそもテントやタープの生地が少し伸びてしまうかは定かではありませんがとにかくロープが緩んでしまいます。

雨の中タープの倒壊も起こり得えます。雨が降ってきて2時間位したら一度張りの点検をしましょう

 

スポンサーリンク