なにこれ!テントの各パーツの役割について

スポンサーリンク
Pocket

 

テント本体について。

テントの構造でおおまかに、ダブルウォールテントとシングルウォールテントの2種類があります。

一般にテントはインナーテントとフライシートの二重構造(ダブルウォールテント)になっており、その間の空間が「空気の断熱材」といった役割をになっています。この構造のおかげで湿気が籠らず夜露の侵入も防いでくれます。

シングルウォールテントは1枚構造のテントですが、防水性が高すぎるため日本のような湿度の高いところでは、テント内と外の気温差で結露が生じ中までビチャビチャになりますのであまり・・・・。

ダブルウォールをおすすめします。

 

ポールスリーブ・ポールクリップ(ポールフック)

「ポールスリーブ」はポールをテント本体に通す筒状の場所です。スリーブは日本語で「袖」。ポールのしなりを「面」で支えてくれるので安心です。

 

「ポールスリーブ」はポールをテント本体に通す筒状の場所です。スリーブは日本語で「袖」。ポールのしなりを「面」で支えてくれるので安心です。一方「ポールクリップ」はテントにフックがついており、ポールにひっかけるだけの簡単設営です。すべてスリーブ、すべてクリップ、強い強度が必要な天井部はスリーブ、下部はクリップになっているものなどがあります。

キャノピー

フライシートとの隙間を利用した「ひさし」のこと。入り口に小さな屋根を作れるよう設計されています。雨が降ってもテントに直接降り込んでこないので便利です。

 

 

グロメット

ポールの端をひっかけ固定する穴。テントの四隅にありボトム部分をピンと張る役目をします。

ペグループ

ペグを使用してテントを地面に固定するための輪。グロメット部分に付いています。

ペグ・・・・キャンプ上級者ほど気を使います。

ジュラルミンやチタン製が人気で、最近は「ソリッドステイク」「エリッゼステーク」という鋳物も頑丈で人気です。素材以外にも「Vペグ・Tペグ・ピンペグ」など形もさまざま。地面の質によって使い分けます。

テントが風で飛ばないよう地面に固定するための杭。購入時テントに鉄やステンレスのペグが付属していると思います。しかし砂地や固い土では刺さらず役にたたないことも。別売りのペグを購入も・・・・。

ペグハンマー

ペグの打ち込み、引き抜きに使う専用ハンマーです。テントに付属しているものは使い勝手が悪い場合が多いので、市販のゴムハンマーを購入も・・・・。

パーツや機能と名前など紹介しました。用語を知っていると一気にメリット・デメリットが分かりますのでテント選びの参考に・・・・!快適な野営をお過ごし下さい。

 

 

 

スポンサーリンク