シャワー・トイレルームのチェック

スポンサーリンク
Pocket

 

スポンサーリンク

中古キャンピングカーの中でも、キャブコンに多い装備のひとつに、シャワー・トイレ、もしくはフリールームと呼ばれるものがあります。


シャワー・トイレルームのチェックポイントはやはり壁面と床、天井の状態をチェックすることになりますが、トイレ・シャワーが付いている場合にはチェックします。

まず、床面からですが、シャワー設備が付いている車両のものだと、シャワーを使用すればここが当然水浸しになりますから、この床面サイドの目地材にカビが生えている事が多々あります。

そのままでも使用に差し支えはないのですが、衛生面や見た目の観点から、目地材の打ち換えをしてもらった方がいいでしょう。

自分でも出来る部分ですが、専門家にやってもらった方がキレイにできます
から、事前にやってもらった方がいいでしょう。

あと、天井部分にベンチレーター(換気口)が付いている車両がありますが、
その部分からの雨漏りが意外に多いので、雨じまいがきちんとできているか
を、確認すると良いです。

ただ、雨漏りに関しては、アフターサービス保障に入っている場合が多いので、
契約前に確認をしておけば安心ですね。

中古キャンピングカーのトラブルでも特に多いのがこの雨漏りのですから、
入念にチェックして購入したいものです。。

スポンサーリンク