栃尾温泉 「荒神の湯」(岐阜県)

スポンサーリンク
Pocket

 

奥飛騨温泉郷(おくひだおんせんごう)は、岐阜県高山市(旧国飛騨国)にある5つの温泉の総称(温泉郷)である。平湯温泉、福地温泉、新平湯温泉、栃尾温泉、新穂高温泉から構成されている。

昭和39年6月11日には平湯温泉が、昭和43年11月19日には平湯以外の郷内の温泉が国民保養温泉地に指定された。旧上宝村が高山市に合併した際、村を北西と南東に分け、住所の表示を北西部は上宝町、南東部は奥飛騨温泉郷とした。

スポンサーリンク

国道158号の安房トンネルと平湯トンネルの間にある平湯温泉を起点に、国道471号沿いに栃尾温泉までが点在する。栃尾温泉から蒲田川沿いに上流へ上がっていくと新穂高温泉がある。郷内全体で別府温泉、由布院温泉に次ぐ毎分44,000リットル超の豊富な湧出量があり、郷内の各温泉には無料または寸志で入浴可能な共同浴場、露天風呂が多く存在する。奥飛騨温泉郷の紅葉は、飛騨・美濃紅葉三十三選にも選ばれている。

奥飛騨温泉郷の「栃尾温泉」にある、荒神の湯(こうじんのゆ)は、新穂高温泉の手前、蒲田川の河原にある共同露天風呂で入場料は志(200円程度)を入口の料金箱の中へ。脱衣場と露天風呂と書き込まれた大きな岩があるだけです。 雄大な山々に抱かれながら、大自然をひしひしと感じることができます。露天風呂からの景色は絶景です。

2箇所の露天風呂のうち、川側の浴槽には湯が貯められていないことが多いようです。他方の浴槽はいい湯加減です。大きさは、6~7畳程度で、女湯との仕切りのあたりのお湯が一番熱い、無色透明、無味無臭の単純温泉。PHは6.9で源泉温度は67.3度です。

温泉は24時間入浴可能で、夜間でも照明などが付いているのが非常にありがたい。夜間は、美しい川の流れを見ることはできないが、灯りが少なく星が非常に綺麗に見えます。周りにはキャンプ場などがあり、夏になるとキャンプに家族ずれが沢山訪れるそうです。

この近辺には無料系の温泉が他にも3箇所あり、無料系の温泉を巡る人たちの聖地とも云えそうです。車で10~20分のところにクマ牧場や、新穂高ロープウェーがある。立ち寄り湯でも非常に特色のある温泉が多いので、さまざまな種類の温泉を満喫できる。

この温泉は暖かい時期の方が間違いないのでおススメです。河原は広い公園のように整備されていて、その中に緑で覆われた一角が露天風呂となっています。

脱衣所は手作りの小屋ですが、結構しっかり作ってあって利用には全く問題ありません。鍵付のロッカーがないので、貴重品は注意した方が良さそうです。

栃尾温泉「荒神の湯」は、栃尾交差点から、新穂高ロープウェー方面へ数百メートル進むと右手にあり、駐車場も完備されているので、迷うことはない。夜間は、車中泊している人もちらほらいるようです。

蒲田川河川敷にある男女別の共同浴場。蒲田川に向かっては囲いがないため、川の流れと北アルプスの景色が楽しめます。また夜になれば、満点の星空を見ながら入浴もできます。

泉質:単純温泉
効能関節痛 リウマチ 筋肉痛など

住所:
〒506-1423 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷栃尾
営業時間:
10:00~21:00
(入館はPM8:30まで)
TEL
0578-89-2614

スポンサーリンク