飛行機搭乗までに! 各手続きのまとめ

スポンサーリンク
Pocket

 

旅行では出発までに国際線のチェックイン、荷物預け入れ、荷物検査、税関・出国検査、搭乗ゲートでの受付、入国カードの記入といった手続きがあります。

また空港には出発(飛行機の搭乗時間)の約2時間前までに到着するのが一般的なルールですが、昨今ではテロによるセキュリティ強化で少し早く来ることを求められることもあるようです。

オンシーズンの場合や、セキュリティ強化で混み合う場合もあるため、初めての方は2時間30分前までに空港に到着すると、チェックイン・搭乗手続きに遅れが出る可能性はまずないので安心です。

初めて海外旅行に行かれる方が、イメージしやすくなるよう紹介しています。出発前に参考に・・・・。

チェックイン・荷物預け入れ

チェックインですが、本人であることを示す「航空券」と「パスポート(旅券)」を航空会社のカウンターで提示します。最近では、インターネットで手続きをしておいて簡略化も出来るようです。

初めて海外旅行に行かれる場合は、予想しない場面で時間がかかったりすることも予想されますので、できれば事前に余裕を持ってネット手続きしておく方が安心でしょう。

手荷物検査

その後は手荷物検査があります。注意すべきなのは、ノートパソコンと液体です。検査では、X線に通すため券代のベルトコンベアに載せることになります。その時に、ノートパソコンはどんなに鞄の奥底に入っていようとも外に出すように必ず言われます。

液体は原則手荷物として機内に持ち込むことはできません。そこで容器が100ミリリットル以下で、それらを1リットル以下のジッパー付透明ビニール袋に入れる必要があります。また、ベルトのバックルやたばこ(ライターは1人1個まで)の銀紙が探知機に反応することがあるのであらかじめ外しておくことが必要です。

税関・税関・出入国審査

税関・出入国審査

次に、税関・出入国審査です。税関については持ち出す品物に「高価な外国製品や100万円相当額を超える現金など」があるかどうかなので、比較的期間の短い個人での海外旅行ではあまり関係がない方が多いでしょう。

出入国審査は、出向区において問題になることはありません。係官がパスポートにスタンプを押せば、手続きが完了します。

搭乗ゲートでの受付・搭乗

その後は、搭乗券に記載されている搭乗ゲート番号とフライトナンバーを確認して移動します。

搭乗ゲートまで移動した後は、搭乗30分前までに搭乗ゲート前で待機すればよいので、時間が余った場合は軽食をとったり、飲み物を購入してゆったりするなどするとよいでしょう。

飛行機内で【入国カード】に必要事項を記入

機内で必ずすべきことは、機内で配られる「入国カード」に必要事項を記入することです。フィリピン入国の際必要となる書類は、入国カードと税関申告書です。

◆入国カードは入国審査の時に、税関申告書は税関審査係官に渡す。
出国の際には出国カードの提出が必要となる。

◆入国カードに出国カードが添付されていない場合、空港会社のカウンターにあるのでチェックインの時に入手する。必要事項を記入し出国審査で提出する。

機内ですぐ取り出せるように事前準備するもの

  • ボールペン(入国カードを記入する際に使います)
  • パスポート(入国カードで”旅券番号”を記入する項目があるため)
  • 搭乗チケットの半券(入国カードで”便名・フライトNO”を記入する項目があるため)
  • 滞在先のホテル名とホテルの電話番号
    (事前にメモまたは印刷しておくか、ネットで予約した方はスマホのキャプチャを画像保存しておくと便利です)

■入国カードと出国カード

 

入国カード

スポンサーリンク

①姓
②名
③ ミドルネーム
④電話番号またはメールアドレス
⑤パスポートナンバー
⑥出発国
⑦居住国
⑧職業
⑨入国の際の利用便名
⑩旅行目的(観光の場合、PLEASURE に✓)
⑪自筆による署名(パスポートと同じもの)

出国カード

①姓
②名
③ ミドルネーム
④電話番号または メールアドレス
⑤パスポートナンバー
⑥目的国
⑦居住国
⑧職業
⑨出国の際の利用便名
⑩旅行目的(観光の場合、PLEASURE に✓)
⑪自筆による署名(パスポートと同じもの)

■税関申告書

フィリピン税関申告書
①姓・名・ミドルネーム
②性別(MALE:男性 FEMALE:女性)
③生年月日(月/日/年-西暦)
④国籍
⑤職業
office worker
ofice clark
employee
business man
student
housewife
teacher
care worker
⑥旅券番号
⑦旅券発行日(月/日/年-西暦)と発行地
⑧フィリピンでの住所-ホテル名で可
⑨現住所
⑩入国時の便名
⑪入国時の搭乗空港
⑫入国日(月/日/年-西暦)
⑬渡航目的(1採掘/2居住/3労働/4商用/5観光/6その他)
⑭同行する家族の人数
⑮荷物の個数(受託荷物数・機内持ち込み荷物数)
⑯所持品の確認
1.動物、植物、魚から作られた製品や農作物を持っていますか
2.1万ペソ以上のフィリピン紙幣、硬貨、小切手、郵便為替やフィリピンの銀行が発行したペソに替えられる金券を持っていますか
3.1万USドル相当を超える外貨を持っていますか
4.輸入禁止商品または輸入制限商品を持っていますか
5.販売目的の宝石、電子商品、広告宣伝用の商品、商品のサンプルを持っていますか
⑰旅券と同一の署名(自筆で)
⑱出国日(月/日/年-西暦)

 

 

 

 

 

スポンサーリンク