悠遊ひとり旅

「ひとり旅」は魅力的

友達や恋人と一緒に行く旅行も楽しいですが、興味の向くままに旅先を決めて、マイペースに観光できる「ひとり旅」も魅力的です。ひとり旅の初心者さんと2回目以降の上級者さん、それぞれにおすすめの旅先を”目的別”で紹介します。

一人旅行者の数だけ楽しみ方はある!あの旅人の楽しみ方は別の旅人にとって楽しくないかもしれない!!っていうのを限りなく無くして、、、なるべく多くの一人旅プレイヤーにとっての共通項的な楽しみになるように…。

または、このようなもの

「行動の制限がなく超絶自由過ぎてむしろ困ってしまう病」は選択肢が無限にある現代において顕著ですよね。そこで「一人旅を全力で楽しむ」はとても良いトレーニングになります。全て自由かつ自分自身で楽しみを見出せなければならない環境に飛び込めるので…。

これは自由過ぎてもうなんでもできちゃうんだけど、一体何がしたいのかわからず、困ってしまうことです。

自分で考え、計画立て、行動にうつしてみましょう。

一人旅を振り返るのは醍醐味です。振り返りに写真があると、旅で得られた新しい価値観や発見を情景とあわせて心にながくとどめておくことができます。

一人旅だけに一人で考える時間がとても多く、この写真をとったのときの心情を今でも覚えています。

その土地にしかない対象の撮影自体とても楽しいです

思い出を美化するわけではないですが、一人旅を終えた後も「楽しみ」を思い出すことができます。写真は一人旅の「楽しみ」を長く保存してくれるアイテムです。

スマホのカメラの画素数やメモリの数はデジカメも顔負けの領域なんです。極力荷物はおさえて移動の快適さを大事にする、一人旅ではスマホカメラが大活躍します。

海外旅行は絶対に「SIMフリー」のスマホを持つべきです。海外のSIMカードを挿入することで、現地でもスマホをすぐに使えるようになります。

ゲストハウスで知り合った人たちと有名観光スポットに出かけるもOK!

超どローカルな屋台飯を食べにいくもOK!楽しみはさらに広がっていきます。

旅先での新鮮な感覚に包まれながらの読書は感受性の奥行きを深めてくれ、普段の読書とはまた違う気づきや印象が与えられることもあります。