小型タイプのキャブコン JB470

スポンサーリンク
Pocket

バンテックでは1992年よりキャブコン製作を始め、そこで作られた小型タイプのキャブコンがJB470だ。その外観デザインはヨットに由来すると云われています。

発売された’95年当時は、まだ四駆ブームの名残りがあり、できるだけ大きなサイズのタイヤに履き替え、結構なガレ場にも突入し、その走破性の高さ、可能性の高さに注目されたようです。

街中走行も軽快、ボディ形状から横風などにも強く、エンジンはターボディーゼルでトルクは十分。日常の足として利用出来るようです。

就寝スペースも充実していて、ベッドメークも容易だったたようです。

『バンテック JB470』  2WD/ATを基準に探してみようと‥‥。

理由は、日常の足として利用出来て、駐車場やフェリー(車長:5m未満)

なども普通サイズでと考えてます。運転自体もあまり自信がないので‥‥。

確かJBはJourney Boy(ジャーニーボーイ)の頭文字を取って付けた名前だと聞いたことがあります。

JB470はベース車両はデリカトラックです。

スポンサーリンク

運転席・助手席の様子はこんな感じで、デリカトラックというだけあり、インパネ周りは無骨そのもの。

車内のレイアウトは、センター部分にあるエントランスを入った正面にダイネットがあり、その脇にギャレーと冷蔵庫、最後部にフリールームがあるというシンプルな内装。

セカンドシートは前向きにすることも可能で、これで乗車定員6名、就寝定員4名を確保。

バンテック JB470の主な装備品。

◆FFヒーター

◆冷蔵庫は3WAY仕様、ガス供給装備はカセットガスorLPガス。

◆緊急用としてポータブルトイレ

◆エンジンは2,500ccのディーゼル(ターボ)のAT仕様、

エンジンに不具合無いこと

◆シートをフラットにして布団や寝袋で寝ることができる

カタログ

 

スポンサーリンク