エントランスドアのチェック

スポンサーリンク
Pocket

 

スポンサーリンク

エントランスドアのチェックポイントは、内側の網戸の状態をまず確認します。というのも、お店に入ってくる中古キャンピングカーの多くが、この網戸に破損などの何らかの問題があります。

確かにキャンプ時に出たり入ったりする他、普通にドライブしているときにも、駐車場で人の出入りがあるわけで、足元付近にあるこの網戸は、蹴られたり押されたりして破損してしまうことが考えられます。

破損していれば、販売店側が修理していたりするので問題ないですが、中途半端にへたっているとしていると、見栄えも悪く、そのうち枠から外れてしまう事があります。

ドアの閉まり具合をよく確認しましょう。特にキャブコンのエントランスドアは、FRPパネルに枠をはめ込んでドア枠を作っているため、乱暴に開け閉めしていると、この枠が歪んできて開閉に支障をきたしている恐れがあります。

エントランスドアにキーレスエントリーなどの後付け装備が付いているものであれば、その作動状況を確認するのはもちろんのこと、故障時に簡単にメンテナンスできるようになっているかも、確認したいです。

エントランスドアひとつをとっても、確認する場所はたくさんありますから、中古キャンピングカーを見に行く時は、時間に余裕をもって見に行かれることをおすすめします。

スポンサーリンク