室内家具のチェック

スポンサーリンク
Pocket

 

スポンサーリンク

室内家具のチェックポイントとしては、一般的に傷とか破損とかを気にしますが、基本的に大きく破損していなければ、傷などは使用しているうちに付くものですし、汚れについても同じことが言えると思います。

もっと重要なことがあります。それは何かと言いますと、家具そのものの材質です。何でできているのかがとても重要になります、居室内家具のほとんどは木製でできているのですが、その家具には合板が使用されていることがほとんどです。

この合板に含まれている接着剤に問題があるのです。この接着剤も、住宅用のホルムアルデヒドを含まないものを使っているビルダーもあります。

コストを抑えるために有害な成分を含んでいる接着剤を使った合板で家具を構成している車両も少なからずあります。

その車両の見分け方は、締め切って、換気もしていない車内に入って臭いをかいでみます。その時に鼻にツンとくるような臭いや、ひどい時は目がちかちかしたりしますから、そのような車両は決して買わないようにした方がよいでしょう。

無垢材を使っているキャンピングカーもありますから、数は少ないですが、そのような中古車両をおすすめします。

このような中古キャンピングカーもあるということを覚えておいてほしいのです。

スポンサーリンク