最安値の片道航空券でフィリピンへ入国

スポンサーリンク
Pocket

 

フィリピン入国の際のルール

フィリピンに入国するには、フィリピン以外の国へ出国する航空券が必要です。

謎の多い捨てチケット

フィリピンへ長期滞在予定の人に便利なのが『捨てチケット』なのです。観光ビザでフィリピンに入国する際には、出国チケットを提示しなくてはいけないというルールが存在します。(基本的に日本を出国する前、空港で受付のスタッフに確認を求められます)

※入国から30日以内が基本的なルールですが、現在は多くの日本人がフィリピンへ入国をしている為、実際に30日以内のチケットである必要はないようです。

30日間以内の滞在ならビザは不要(入国の際、ツーリストビザとしてスタンプが押される/2013年8月1日より)。ただしパスポートの残存期間が滞在日数プラス6ケ月以上必要。

30日間以上滞在したい場合は、59日間有効なツーリストビザを日本国内で取得できる(フィリピン大使館領事部〒150-0036 東京都渋谷区南平台町11-24 TEL.03-3496-2731)。

最安チケット購入方法

使用するサイトは主に基本的にすべての航空会社の中から目的にあった最安値の航空券を所要時間1分で表示してくれる航空券予約サイト「スカイスキャナー」です!

1.片道にチェック

2.出発地を【マニラ・ニノイ・アキノ(MNL)】に(本数、値段等一番安い)、検索をクリック

スポンサーリンク

3.最安価格の航空券を見つける

マレーシアだと3000円台の時もざらにあります。

往復航空券を買う、もしくは日程変更可能なオープンチケットよりも格段に安く費用を抑えることが出来ます。

※一番有名な格安地域は画像の通り、「マニラ⇒コタキナバル」です。

コタキナバル (Kota Kinabalu) は、マレーシア・サバ州の州都で、 東マレーシア(ボルネオ島のマレーシア領地域)で最大の都市、人口は約47万人です。

スカイスキャナーを使う際の注意点

航空券の値段を一目で比較できるのですが、各LCC(格安航空会社)が出す、プロモと呼ばれる格安セールは表示されません。不定期で超格安航空券が販売されていますが・・・・、スカイスキャナーには表示されないという欠点があります。

よく使用される航空会社を確認度の高い順に紹介します。

◆セブパシフィック

エアアジア

ジェットスター

フィリピン航空

タイガーエアウェイズ

各ウェブサイトを度々に見てチェックしてください。

特に」セブパシフィック、エアアジア」は要チェックです!チェックしているとたまに2000円以下の時もあります。

日本への帰国便の購入タイミングは・・・・

1.フィリピンへ行くチケット

2.フィリピン国外へでる出国チケット

これでフィリピン入国は出来るでしょうが、どのタイミングで日本に帰国するチケットを購入するかです。・・・・フィリピン滞在中が答えです。

時期は各個人差があると思いますが、基本的にはフィリピン出国の日程が決まった時がベストです。最低でも出国予定日の1か月前には購入することをオススメします。

また時期が早い方が安いチケットを購入できる可能性が高いので、LCCのセール情報を定期的に・・・・、またスカイスキャナーも使用しながら、出来る限り安い航空券の購入を・・・・。

 

スポンサーリンク