キャンピングカー日本一周 考えてみた。

スポンサーリンク
Pocket

 

日本一周には、どのくらいの時間と手間がかかるのでしょうか?

日本国は本州を中心に、北海道、本州、九州、四国、沖縄と海を隔てた国土を有し、さらに小さな島々も点在しています。日本の国土は約37万8000平方kmの広さがあります。

東京と大阪を結ぶ東海道は江戸時代にはすでに整備されており、徒歩で旅慣れた人でも十日以上掛かり、およそ一ヶ月の長旅だったと云われてます。

現在の日本は自動車が普及しており、日本各地に道路も整備されています。
そのため日本を一周しようと考えた場合、時間的コストや費用を度外視すれば徒歩や自転車、バイク、自動車で‥‥。

キャンピングカーで日本を一周することを想定し、どのようなコースになるのか?どのような準備が必要なのかを考察してみます。

日本一周とはどのようなコースになるか?

日本一周とは、日本列島の海岸線沿いに一周するのがわかりやすそうです。幸いにして日本は道路整備が行き届いているため、海岸線の道、つまり常に海を横目に見えるような道を選んで進めば一周できると考えられます。本州から四国、九州に移動する場合は、フェリーは自動車ごと搭乗できるため、海を渡るのも問題ありません。

日本を海岸線沿いに一周すると、47都道府県中、39の都道府県を通ることになります。海に面していない県は通りません。

実際に日本一周した旅人のデータより、日本の北海道、沖縄も含めて、海岸線の道路を通って日本を一回りすると、距離はおよそ12000Kmと平均的な数値になります。日本の道路はよく整備されているため、極端な悪路はほとんどありません。このため、自動車で日本を一周するのは、12,000kmの道路を走破すると考えれば良いようです。

紀伊半島などの半島、北海道の道南を除いた距離は「9,000km程度」と云われてます。

スポンサーリンク

繰り返しになりますが日本一周とは距離にして12,000kmです。一日120km走破すれば100日かかります。

一般道を平均時速50kmで走ったとしたら、およそ2時間半程度です。つまり
一日3時間弱の運転で、3ヶ月+αで日本一周できる計算です。

ここでは、自転車で日本一周の記事を参考にしてみました。高速道路を起点で考えてみるのも面白い気がしてます。計画が立てやすいかも‥‥‥。

日本一周には、費用はどの位になるか?(¥901,000)

一口に日本一周と言っても「移動手段・宿泊手段・観光、食事に対するスタンス」で大きく変わってくるため、一概には言えません。(概算してみました)

旅の魅力を落とさないために「可能な限り日本一周旅行を楽しむ!」ことを目標として、余分な予算のみカットする。

気になるのはガソリン代です。(¥195,000)

キャンピングカーの燃費を8Km/l 程度で考えると12000Kmを8Km/lで割ると12000/8=1500で燃料は最低1500リットルで燃料単価を掛けると燃料代が算出できます。
1500リットル×130円=195000円(ガソリン車)

日本一周に必要な宿泊費(¥137,000)

一日3時間弱の運転で、3ヶ月+αで日本一周できる計算です。(100日泊)
車中泊ばかりでは疲れます何回かは温泉宿に泊まりたい。
週一外泊として14回
8000円×14回=112000円
銭湯500円×50回=25000円

日本一周に必要な食費(¥200,000)

人によっては予算が大きく異なる「食費」。自炊するか外食するか、など節約の取り組み方によって大きく予算が異なってきますが、大抵は1日1000円〜3000円の間で設定している人が多いです。
2000円×100食=200000円

日本一周に必要な交通費(¥149,000)

全国各地を移動するわけなので、手段により交通費が必要となります。手段を選べばそれなりに節約が可能でしょう。

北海道や沖縄など海を隔てた場所へ移動する場合(参考)

目的地       利用交通機関             人       中型車
北海道↔青森    津軽海峡フェリー       無料      23,660円(※1)
四国(徳島)↔淡路   神戸淡路鳴門自動車道   無料     3,280円
四国(愛媛)↔広島   西瀬戸自動車道      無料       2,890円
九州(福岡)↔山口   関門トンネル       無料       150円
沖縄↔鹿児島    マルエーフェリー           14,610円           104,280円(※2)

(※)高速料金はETC車・休日割引なしで計算
(※1)時期によって変動。4月29日~5月7日、7月15日~8月20日(繁忙期)

中型車両合計:148,870円程度(往復料金)

徒歩や自転車という移動手段であっても、北海道や沖縄へ渡る場合にはフェリーでの移動が必要だし、九州・四国は橋や海底トンネルで渡れるものの交通費が必要です。

※その他の離島へ移動する場合は、別途フェリー代が必要となります。

日本一周に必要な観光費(¥200,000)

全国を周りながら各地で観光を行う場合、大抵の場所で「入場料・拝観料」などが設定されている場合が多いので、回れば回るほどお金が必要となってきます。

神社・仏閣・博物館の類であれば、1000円未満に収まることも多々。一方自然のアクティビティや、都市部のテーマパークとなると5000円程度必要になるものも。

定番の観光地はあるとはいえ、どの場所へ訪れるか、どの程度観光するかは完全に個人の趣味となってくるので、事前の想定は難しいです。

ただ節約重視で観光地へ行かないと「日本一周する意味、あるの?」という状態になるので、少しでも気になった場所があれば訪れてみることをおすすめします。

参考までに、大抵の旅人は観光費として10〜20万円程度計上しているようです。

通信費(¥20,000)

最近の日本一周では、スマホのGoogle Mapを使って目的の観光地やスーパー、野宿できる場所まで探す人が圧倒的に多いです。旅行先の連絡やSNS・ブログ利用、写真撮影まであらゆる用途で欠かせません。

毎月通信費が必要となりますが、料金の安い「格安SIM」で運用することで月額3000円程度に抑えることもできます。

スポンサーリンク